1. ホーム
  2. こども習い事の一覧
  3. ピアノにちゃれんじ

ピアノにちゃれんじ

ピアノ
最近は男の子にも人気なピアノ
 小さいこどものうちから 音楽を学ぶ事は
 ピアノの技術以上に良い影響が多いし
 情操教育の一環としても◎と考える方が多いですね!


女の子
男の子ピアノ教室の満足点
  1. 音楽の才能を伸ばせる
  2. 音楽とふれあえる
  3. 譜が読める
  4. 他の音楽系への転向ベースにも
  5. 忍耐力・集中力がつく
  6. 音楽を通じた友達
  7. 運動音痴でも自分に自信がつく
  8. 心身のストレスを解消
    【小中時代】
  9. 音楽の成績
  10. 音楽会等で目立てるかも
    【大人になってから】
  11. 幼稚園等の教諭志望を決めた時に◎
  12. ピアノが人生の楽しみ・趣味になる
ピアノ教室の不満点
  1. 自宅での練習が負担
  2. 練習は親の協力が必要
  3. グループレッスンだと周りが気になる
  4. 楽器・発表会・教材費等の出費
  5. ライバルが多い
  6. 途中で諦めるとピアノ嫌いになるかも

ピアノについて感想

幼児期に音楽と触れ合う機会が多いと それだけで 様々な感性が磨かれます。
 特に3歳から4歳位は非常に音感が鋭い時期だそうです。
 昔から定番ですが、今でも魅力的な習い事のひとつだと思います。
  →もっと詳しく ピアノのメリット(コラム)を知る

でも最初からピアノ技術を学ぶより先に
 音楽環境に慣れ、楽しめるようなピアノ教室がお勧め♪
基本は楽しく 決して 無理やりさせないようにするのがコツですよ♪

1.ピアノを習う為の教室と費用


  • 習える教室・・・大手・個人教室・家庭教師など多い
  • 近所にある確立・・・多
  • 月謝・・・比較的高め(5000円位から)
  • 初期費用・・・幅広(入会金等が高い場合が)
  • 追加費用・・・幅広・・・教材費、発表会費等 ピアノ購入は出費大

3.こどもピアノ教室役立ちリンク

4.地元のピアノ教室を探す




GoogleYahooで検索するのが定番ですが、
 Yahooロコiタウンページウィメンズパークで調べるのも役立ちますよ♪

5.ピアノ教室の注意例


ピアノも音大レベルだと肩書きになりますが、達する人はごく一部の人だけです。
音楽が好きになるだけでも楽しめるとは思いますが・・・

注意点としてピアノ=家での練習が大変
まずピアノと言えば発表会、
目標で楽しみな所でもありますが、過度な頑張り・期待し過ぎに注意
その他にも
グループレッスンだと周りのレベルと比べてしまい、負けまいと家で練習するがうまくいかず親子共々疲れたとなるケースも
その点個人レッスンだとマイペースで練習・楽しめるので◎ですが月々の費用が高い場合に注意!
「子供」「ピアノ」の最新質問
Loading
TOPに戻る